GMO-HSが「アイル」で災害時に備えた「低価格のディザスタリカバリサービス」を提供開始

遠隔地でバックアップ、DNSを切り替えてシステム停止を最小限におさえる
よろしければこちらもご覧ください

ホスティング事業のGMOホスティング & セキュリティ(GMO-HS)は、同社の運営する「アイル」マネージドホスティングサービスで、バックアップからデータの復旧作業までを低価格で行う「ディザスタリカバリサービス」を10月28日に提供開始した、と同日発表した。自然災害時などに備え、遠隔地でバックアップを行い、災害発生時は自動もしくは手動でDNSを切り替えることができる。遠隔地のデータセンターは、群馬・京都から選択可能。データセンター間の接続方法もインターネット回線・インターネットVPN・専用回線などから選択できる。料金はバックアップ領域50GB、月額3万1500円(税込)から。

GMOホスティング & セキュリティ
http://www.gmo-hs.com/

ディザスタリカバリサービス
http://managed.isle.jp/service/solution/disaster_recovery.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーバーチュア
検索連動型広告(PPC広告)の「スポンサードサーチ」やコンテンツ/行動連動型広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]