ユーザーローカルがサイト訪問者の動きを可視化する「ユーザーヒート」サービス提供

解析用のタグをサイトに組み込んで利用、大手ブログサービスにも対応
よろしければこちらもご覧ください

アクセス解析ツール開発のユーザーローカルは、Webページがどのように読まれているかを画像で可視化するヒートマップ対応の無料アクセス解析ツール「ユーザーヒート」を提供開始した、と9月30日に発表した。ユーザーヒートはWebサイト訪問者がWebページの中をどう動いたか解析し、マウスの軌跡、クリックが多い場所、熟読エリアの3パターンの画像で確認可能。クリックが多い場所と熟読エリアはサーモグラフィふうに分布を示すヒートマップで表現する。

同様の調査は人間の目をカメラで撮影し分析する「アイトラッキング」装置でも可能だが、ユーザーヒートは、カメラなどの機器は不要で、インターネット経由で大量のWebサイト訪問者を調査・分析できることが特長。利用は無料だが、ユーザー登録が必要。解析用のHTMLタグを分析したいサイトに組み込むと、管理画面から解析結果を確認できる仕組み。大手ブログサービスにも対応しているほか、英語圏で利用できる英語版も提供。

ユーザーローカル
http://www.userlocal.jp/

ユーザーヒート
http://userheat.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]