シンクウェアがモバイルコンテンツの表示を高速化するソフトの提供を開始

特定ページをキャッシュサーバーのメモリに一時保存し適切に表示
よろしければこちらもご覧ください

モバイル関連事業のシンクウェアは、一時的に発生するアクセス増加時のユーザビリティ向上を目的にモバイルコンテンツの表示を高速化するソフト「Mobile Accelerator(モバイルアクセラレーター)」の提供を8月26日開始した、と同日発表した。モバイルコンテンツ配信システムに導入することで、アフィリエイトやメールマガジン配信などによる突発的なアクセスの増加でも、遅延のないコンテンツ配信を可能にする。

Mobile Acceleratorは、特定のページをキャッシュサーバーのメモリに一時的に保存し、そのデータを適切に表示させてページ表示を高速化する仕組み。従来の8倍相当以上の高速処理を実現するという。初期費用40万円(税別)、月額利用料4万円(同)。

シンクウェア
http://thinkware.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]