アイオイクスが東大准教授らとウェブコンテンツ最適化に関する技術を共同研究

LPOツールで取得したユーザーのアクセスログを准教授らが解析

SEOコンサルティングのアイオイクスは、ウェブコンテンツの最適化に関する技術について東京大学大学院工学系研究科の准教授らと共同研究を行う、と8月24日発表した。第1弾として、同社のLPOツール「DLPO」による自動学習システムのアルゴリズムの研究を実施し、DLPOが取得したユーザーのアクセスログを、同研究科の松尾豊・准教授らが解析する。同社は共同研究の成果を、ユーザーの興味を汲み取って最も適したコンテンツを自動表示するパーソナライズサイト生成サービス開発に活用する予定。東大側は、社会分析に使う属性の自動生成技術のウェブマーケティングでの有用性を実証することで、情報学、社会科学への貢献を目指す。

アイオイクス
http://www.ioix.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]