ファーストサーバが100Mbpsを40台以下で共有する専用サーバー、月額1万円切って提供

共有サーバーからの上位移行先としての利用をアピール
よろしければこちらもご覧ください

レンタルサーバー事業のファーストサーバは、100Mbps共有回線のマネージド専用サーバー「エントリービズ」を月額9870円で8月4日提供開始する、と7月28日発表した。回線を 40台以下のサーバーで共有し、ディスク容量200GB、メモリ2GBのきょう体を占有。1日1回の自動バックアップ、24時間365日のサーバー監視、運用保守を標準提供する。他のユーザーの影響を受けないため、同社は共有サーバーからの上位移行先としての利用をアピール。アクセス集中が想定されるサイトや大規模ユーザーでのグループウェアに対応するスペックを持ちながら1万円を切る月額料金は業界最安クラスという。初期費用は6万1950円。

ファーストサーバ
http://www.fsv.jp/

専用サーバーサービス
http://www.senyu.jp/eb/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]