さくらインターネットが最大20台まで構成可能な専用サーバープラン提供開始へ

ファイアウォールを標準装備、自社開発サーバーで低コストを実現
よろしければこちらもご覧ください

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、最大20台までのサーバー構成が可能な「専用サーバ Platform St」を7月29日に提供開始する、と7月16日に発表した。Platform Stは、サーバーやファイアウォール、ロードバランサーが最大20台まで構成でき、ハウジング並みの拡張性を持つ。ファイアウォールは標準装備で、自社開発のサーバ利用でコストを抑えた。最低利用期間は3ヵ月からで、短期間の利用にも対応。料金は基本プランで初期費用10万5000円から、月額5万2500円から。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]