日立がデジタルサイネージ事業を強化、導入からシステム構築、配信管理まで提供

「日立デジタルサイネージソリューション」の名で業態に合わせワンストップで
よろしければこちらもご覧ください

日立製作所は、大型ディスプレイなど画面に映像を配信し、さまざまな情報を提供するデジタルサイネージ(電子看板)の事業を強化する、と6月4日発表した。これまで同社の各事業部門で個別に提供してきたデジタルサイネージに関する事業を連携。導入コンサルティングからシステム構築、コンテンツ作成、配信スケジュール管理までを「日立デジタルサイネージソリューション」としてワンストップで提供する。

同社はこれまでデジタルサイネージ事業として、金融機関の経済情報配信システムや、公共施設の建物内情報、地域情報の配信システム、各種店舗の映像・情報配信システム、交通情報配信システムなど、さまざまな業種、業態向けのデジタルサイネージシステムの構築に取り組んできた。日立デジタルサイネージソリューションでは、これらの実績に基づくシステム構築のノウハウと、同社のデジタルサイネージプラットフォームを連携。業種・業態に合わせた最適なデジタルサイネージを提供する。

日立製作所
http://www.hitachi.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]