シックス・アパートの「Movable Type」日本語版がパラレルス推進のAPS規格に対応

ホスティング事業者は既存サービスでMovable Typeの提供が可能に
よろしければこちらもご覧ください

ブログソフトのシックス・アパートは、同社のブログソフト「Movable Type」日本語版が、仮想化・自動化ソフトのパラレルスが推進するAPS(Application Packaging Standard)規格に対応する、と2月19日発表した。APS規格への対応によってホスティング事業者は、APSアプリケーション用の標準ソケットを利用して、Movable Typeを既存インフラに提供・インストールできるようになる。Movable TypeはAPS対応のアプリケーションとして、パラレルスのホスティング自動化パネル「Parallels Plesk Panel」とOS仮想化ソリューション「Parallels Virtuozzo Containers」と互換性を持つ。

APS規格はクラウドベースのサービスと、ネットワーク設備やシステムリソースを事前に用意してユーザーの要求に応じ割り当ててサービス提供するアプリケーションのプロビジョニング、管理、統合をカバーするオープンな仕様。Movable TypeのAPS対応で、APSをサポートするホスティング事業者を通じて各企業がSaaSモデルでMovable Typeを利用できるようになる。ホスティング事業者は、既存サービスにMovable Typeをバンドルすることによってサービスの差別化を図り、魅力的なサービス提供が可能になるという。米シックス・アパートのAPS対応の発表を受け、今回Movable Type日本語版の対応を表明した。具体的な対応時期や対応バージョンは未定。

シックス・アパート
http://www.sixapart.jp

パラレルス
http://www.parallels.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]