専用サーバー「at+link」のオプションで20万円切る低価格の負荷テストサービス

専用ホスティングのリンクは、同社とAT互換機メーカーのエーティーワークスで事業展開している専用サーバー「AT-LINK専用サーバ・サービス(at+link)」のオプションとして、1回19万9500円の「負荷テストサービス」を12月16日提供開始した、と同日発表した。同社は、負荷テストの費用は多くの場合数百万円にも及ぶとして、負荷テストの価格破壊、と強調している。at+linkで提供する負荷テストサービスは、オープンソースのテストツール「JMeter(ジェイメーター)」を使用。事前のユーザーヒアリングに基づいて実際のアクセス行動に即した試験を実施し、結果をレポート形式で報告する内容。ユーザーはサイトを構成するシステムの処理限界値を事前に知ることができ、最適なシステム構築が可能になるという。

リンク
http://www.link.co.jp/

at+link
http://www.at-link.ad.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]