ディーツーコミュニケーションズが「iエリア」の検索連動型広告の販売を開始

よろしければこちらもご覧ください

モバイル広告のディーツーコミュニケーションズは、NTTドコモのiモード向け位置情報サービス「iエリア」の検索連動型広告の販売を開始した、と12月1日発表した。iエリアのトップページに、ユーザがいる地域に関連した情報が検索できる検索窓が設置されたことに伴い、検索結果ページの検索連動型広告を販売することにした。iエリア検索連動型広告は、iエリア内に設置されたジャンルごとに検索ワードを分類し、広告主が指定したジャンルのワードがユーザに検索された時、優先的に広告表示する。iエリア設定地域単位ごとに地域設定が可能で、エリアにターゲティングした広告が配信できる。料金は、クリック課金制。

ディーツーコミュニケーションズ
http://www.d2c.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トップレベルドメイン
インターネットのDNSで利用されるドメイン名のドット(.)以降に示される文字列。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]