ヤフーなどがYahoo! JAPANの検索行動データを組み合わせたネットリサーチサービス

ヤフーと、マーケティングリサーチのヤフーバリューインサイトは、インターネットリサーチにYahoo! JAPANでの検索行動データを組み合わせた独自の調査手法で、広告・宣伝やサイト制作、SEM関連企業に提供する新しいネットリサーチサービス「Search Insight(サーチインサイト)」を11月18日開始した、と同日発表した。インターネット上の広告接触や検索行動などの解明をテーマに両社で共同研究するネットリサーチ「Data Insight(データインサイト)」のサービス第1弾。

Search Insightは、Yahoo! JAPANでの検索行動データに特定期間での任意のキーワード検索実績を組み合わせて照合し、調査目的に合った調査候補者をグループ化。任意のキーワードの検索実績が実証されたYahoo!リサーチのモニターを対象に、属性、検索動機、検索前後の行動、キーワードへの関心度などに深く迫る調査ができるという。これまで以上に高精度な情報収集が可能になり、企業は入手した情報を自社の検索連動型広告のキーワード改善や閲覧者のニーズに合ったサイト構築をはじめ、プロモーション活動に役立てられる。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

ヤフーバリューインサイト
http://www.yahoo-vi.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]