アライド・ブレインズのサイト解析プログラム「CRONOS 2」にキーワード検索機能追加

よろしければこちらもご覧ください

調査、コンサルティングのアライド・ブレインズは、同社が独自開発したウェブサイト解析プログラム「CRONOS 2ウェブサイト解析」に、新たにキーワード検索機能を追加し提供開始した、と12月13日発表した。CRONOS 2は、ウェブサイトの同一ドメイン内の全ファイルを解析し、ウェブアクセシビリティをはじめ、サイト全体の問題点をレポート。新たに追加したキーワード検索は、あらかじめ指定したキーワードがサイト内のすべてのHTMLLファイルの中にどの程度含まれているかを抽出する機能。サイト内で使用を控えたい単語の抽出や、サイトリニューアル時の用語統一などに活用できるという。2月まで特別価格で提供。詳細は個別問い合わせで。

アライド・ブレインズ
http://www.a-brain.com/

http://www.a-brain.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]