ドメインキーパーがホスティング新規契約でSSLサーバー証明書1年間無料キャンペーン

よろしければこちらもご覧ください

「ドメインキーパー」ブランドでレンタルサーバー、ドメイン取得などのホスティング事業を展開しているハイパーボックスは、シャーシ、OS、回線などを自由に組み合わせて構築する同社のBTO型専用サーバーホスティングサービス「blue Box」の新規契約者を対象に、1サイト分のSSLサーバー証明書が1年間無料で利用可能となるキャンペーンを11月1日に開始した、と11月6日発表した。12月20日申し込み分まで。

blue Boxは、CPUやHDDなどサーバシャーシの仕様を選び、続いてHDD容量、RAID構成の有無、メモリ容量、OSを選択。利用法に合わせて専用サーバーが構築でき、限られたコストの中でユーザーの要望に合わせて組み合わせが可能。無駄なく専用サーバーが構築できるという。キャンペーン対象となる構成例では月額1万9800円から。1年間無料となるのは「HyperTrust InstantSSL」で、PC端末に特化した暗号化強度1024ビットのSSLサーバー証明書。通常は年間7875円の取得費用が必要。同社は、キャンペーンはSSLサーバー証明書を必要とするオンラインショップなど個人情報を扱うサイトや、サーバー内で重要情報を取り扱う企業サイトに適している、としている。

ドメインキーパー
http://www.domain-keeper.net/

ハイパーボックス
http://www.hyperbox.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

汎用JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。 「ドメ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]