デジタルフォレスト、リスティング広告診断改善ツール「Visionalist Listing Manager」発売

よろしければこちらもご覧ください

デジタルフォレストは5月31日、リスティング広告のROI(投資対効果)診断改善ツール「Visionalist Listing Manager(ビジョナリスト リスティング マネージャー)」を発売した。

「Visionalist Listing Manager」は、リスティング広告で出稿したワードを集客からコンバージョン(目的達成)までの様々な指標で分析し、改善が必要なワード、利益を上げていないワードに対しては原因をつきとめ、アクションアシスタント機能により、改善策も提案する。

ユーザーは「Visionalist Listing Manager」を利用することにより、従来、分析に大変な労力が必要だったため気づくことが困難だった、費用対効果が低い“問題児ワード”を発見し、改善策を実施することができる。また、計測に必要なIDも自動的に貼り付けられるため、効果的なワードを大量に出稿することが可能だ。

販売価格は、初期設定費用5万円、月額費用は、出稿中ワード数に応じて変動する価格体系で、3万円から。また、「Visionalist Listing Manager」は、同社のWeb解析ツール「Visionalist」と完全に統合されひとつのツールとして、提供されるため、「Visionalist」本体の使用料が別途必要となる。

Visionalist
http://www.visionalist.com/
デジタルフォレスト
http://www.digitalforest.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]