フィードパスがフィードリーダーとフィードデータベースのサービス開始

フィードパスは4月10日、「feedpath Rabbit(フィードパス・ラビット)」、および「feedpath Skunk(フィードパス・スカンク)」のサービスを開始した。

「feedpath Rabbit」は、同社が2006年1月からコンシューマー向けフィードリーダー(RSSリーダー)である「feedpath」をベースとして新たに開発した新サービス。これまでの「feedpath」ユーザーは新たにユーザー登録することなく、現行のアカウントで「feedpath Rabbit」を利用できる。

「feedpath Rabbit」は、簡単にフィードを「読む」という機能を中心として、短時間でユーザーが最新の情報を検索、整理できることをコンセプトに開発。フィードのトレンドを捕まえるランキングや、サイドバーのカスタマイズが可能など、簡単に操作ができる。

また、「feedpath Skunk」は、「feedpath Rabbit」と連携するフィードデータベースで、Web上のブログやインターネットサービスから配信されるフィードを定期的に収集し、フィードのデータベースとして蓄積。サービス開始時には、1000万のフィード情報を蓄積したデータベースとして、フィードリーダーである「feedpath Rabbit」にフィード情報を提供する。さらに、今後は「feedpath Skunk」のフィード情報をサードパーティーに対しWebサービスAPIにて提供していく予定だ。

フィードパス
http://www.feedpath.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]