検索結果をAjaxで表示、Windows Liveに検索窓を設置できるSearch ボックス機能が登場

よろしければこちらもご覧ください

マイクロソフトは3月12日、Windows Liveの検索サービスLive Searchに新しくSearch ボックス機能を追加した。

Search ボックス機能を使えば、ユーザーは自分のホームページやブログなどにLive Searchへの検索窓を、特定のHTMLコードなどをサイトに埋め込むことで設置できる。検索結果は、Ajaxを利用したポップアップのような領域の中に表示される。ユーザーがウェブ上のウィザードを使うことによって、Live Search ボックスの色や大きさなどを自由にカスタマイズすることも可能だ。

Search ボックスには、Live Searchのサイトに検索結果を表示する「初級検索ボックス」と、自分のサイト内に検索結果を表示する「上級検索ボックス」がある。上級検索ボックスでは、ウェブ検索だけではなく、特定のサイトを10件まで指定してサイト内検索ができるほか、既存もしくは新たに検索マクロを作成して、特定の分野に合わせた検索をすることもできる。

Live Search ボックス
http://search.live.com/siteowner/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]