Beat Communication、オープン型SNSパッケージ「Beat MEDIA」発売

よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルネットワークサービス(SNS)の受注・開発、コミュニティサイトの構築・運営などを行うBeat Communicationは、オープン型のSNSパッケージ「Beat MEDIA」を10月6日に発売した。

オープン型SNSとしては、米国の「MySpace」などが有名だが、国内では初のオープン型SNSパッケージだという。

Beat Mediaは、同社が販売するSNSパッケージ「Beat Pro」を機能強化した製品で、SNS内部だけでなく、インターネット上に自分のマイページ、日記、クチコミの情報、自分が管理しているコミュニティを公開できるのが特徴だ。従来のSNS同様公開度を設定する事もできるため、SNS内部/外部への自由な情報配信が可能となっている。

また、オープン型にすることで、日記のRSS配信、SNS内部と外部サイトでトラックバックすることも可能で、ブログ的な使い方もできる。このほか、会員全体に質問できる「Q&A(お知らせ)機能」、SNS内全体でユーザーが自由にアンケートを取れる「ユーザアンケート作成機能」など多数の機能を備えている。

製品はアプリケーションレンタルで販売を行い、初期インストール費用15万円、月額費用15万7,000円から利用できる。審査を通過した企業はパッケージでの購入も可能だ。


Beat MEDIAの画面

Beat Communication
http://www.beat.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]