SRA、EclipseベースのSOAシステム開発環境「SOA開発基盤 ASIMA」を販売開始

よろしければこちらもご覧ください

SRAは9月13日、SOA(サービス指向アーキテクチャ)システムの開発環境「SOA開発基盤 ASIMA」を販売開始した。

同社は、これまで「SOA実行基盤」(無償版)をホームページで公開してきたが、「SOA実行基盤」には開発環境がないため、システム構築に多大な手間と時間を必要としていた。

「SOA開発基盤 ASIMA」は、「SOA実行基盤」(無償版)に、オープンソースの統合開発環境「Eclipse」、Webサービス利用環境プラグイン「WTP」を組み合わせたもので、さらにBPEL機能強化、SRA独自開発のフレームワークなどが追加されている。

価格は1ライセンス40万円(消費税別)、年度内に100本の販売を目標としている。

SRA
http://www.sra.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]