BIGLOBEが国内ポータルサイトで初めてグーグル社の動画広告配信を採用

よろしければこちらもご覧ください

NECビッグローブは、Googleが提供するコンテンツ連動型の動画広告配信サービス「Click-to-Play 動画広告」を国内のポータルサイトとして初めて採用し、同社の動画ポータルサイト「BIGLOBEストリーム」での配信を6月15日から開始した。

BIGLOBEストリームは月間5000本以上の動画を配信する動画ポータルサイトであり、カテゴリに合わせた動画広告を配信することで、広告主はより効果的な広告配信が可能となる。

BIGLOBEは2000年に日本で初めてGoogleのパートナーサイトとして検索などのサービスを提供してきたが、動画広告の採用により両社のパートナーシップを強化するとともに、BIGLOBEストリームの動画広告事業の拡大を目指すとしている。

なお、NECは7月3日にBIGLOBE事業部門を独立させた、NECビッグローブを設立している。

BIGLOBEストリーム
http://broadband.biglobe.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]