有名サイト、かってに解析!

「TOHOシネマズ」をエキスパートレビュー!(続き)

よろしければこちらもご覧ください

「TOHOシネマズ」をエキスパートレビュー!(続き)

「ステキな金縛り」をクリックすると、一覧ページへジャンプ

では、シナリオ通り「ステキな金縛り」を見に行くため、「上映中作品」の部分の「ステキな金縛り」をクリックしてみよう(前ページ図3の緑枠で囲んだ部分)。すると前述した通り、予想を裏切って「上映中作品一覧」ページに飛んでいってしまう(図4)。

ただ、この一覧表示ページでも、「ステキな金縛り」は一番上に表示されているので、この画像リンクや、「作品詳細へ」のボタン、「ステキな金縛り」のタイトルのテキストリンクの3カ所から作品ページへ進むことができる(図4赤枠で囲んだ部分)ので、それほどわずらわしさはない。

「上映中作品一覧」ページに誘導されたので、このページも少し見ておきたい。プルダウン(図4青枠で囲んだ部分)はどのような機能なのか、おわかりだろうか。

この「上映中作品一覧」ページは多数の作品が紹介されている。下の方までスクロールする人は皆無だろう。プルダウンは、そのたくさんある作品のそれぞれの掲載場所へ、直接ページ内移動するためのアンカー機能になっているのだ(図5)。

実際にプルダウンを使ってみると、悪くないナビゲーションだと思った(プルダウンから作品の一つをクリックすると、その作品が一番上に表示されるように見える)。しかし、新規ユーザーにとってみると、[決定(選択)]ボタンもないので、動作が想像しにくいかもしれないが、確かにこのような選択肢型のナビゲーションは最近少なくないようにも思う。

図5:上映中作品一覧画面のプルダウン
図5:上映中作品一覧画面のプルダウン
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索連動型広告
検索エンジンの検索結果ページで、検索キーワードに対応した内容の広告が表示される広 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]