日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

ヤマトフィナンシャル 電子マネー決済「宅急便コレクト お届け時電子マネー払い」開始 現金併用も

商品配達時に、ドライバーが携行する端末に電子マネーカードをかざせば決済が完了する仕組み。

ヤマトグループのヤマトフィナンシャル(本社東京)は6月28日から、ECで購入した商品の支払いに電子マネーを利用できるサービスを開始する。

商品配達時に、ドライバーが携行する端末に電子マネーカードをかざせば決済が完了する仕組み。電子マネーと現金を合わせた決済も可能にする。ECなど低額な決済に電子マネーを利用する消費者ニーズは高まると判断、電子マネー決済の導入で新たな荷主を開拓していく。

開始するのは「宅急便コレクト お届け時電子マネー払い」。利用可能な電子マネーは「nanaco(ナナコ)」「Edy(エディ)」「WAON(ワオン)」の3種類を用意する。電子マネーで決済すると、通常の利用と同様のポイントが付く。

ECで商品を購入した消費者は、商品到着時に現金で払うか、電子マネーで決済するかを選択する。電子マネーで決済する場合、支払金額の指定ができるため現金払いとの併用が可能。金額指定により小銭を扱うわずらわしさを解消する。

サービス手数料は代引手数料に、電子マネーで決済した金額の3%をプラスする仕組みだ(別表参照)。

4月後半から一部エリア限定で先行営業を行った結果、通販事業者の7―8割が電子マネーの決済を「利用したい」との意向を示したという。

楽天リサーチが今年3月に実施した電子マネーに関する消費者調査の結果によると、22.1%の人がネットショッピングに電子マネーの利用を希望している。

・宅急便コレクト お届け時電子マネー払い
http://www.yamatofinancial.jp/service/od.html

・ヤマトフィナンシャル株式会社
http://www.yamatofinancial.jp/index.html

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]