正しいSEO相談室

テキストと画像のalt属性でリンクの効果に違いはありますか?

よろしければこちらもご覧ください
あなたの不安をプロが解消 正しいSEO相談室 SEM総合研究所分室

誰もが実践できるSEO。でも意外と間違った認識を持っている人も多いのでは?
そこでみなさんが抱えているSEOの不安や疑問をプロが解消します。

c

[質問]リンクを張る場合、テキストとalt属性のテキストを記述した画像で効果に違いはありますか?

SEOの基本原則として「リンクはテキスト」というのがあります。検索エンジンに適切に情報を伝え、かつ評価を最も得る方法はクローラが読み取り、解釈できるテキスト文字で書くべきだからです。従って、基本的にテキストリンクの方が、alt属性にテキストを記述した画像リンクよりもSEO上の効果は高くなります。

ただし現実のウェブサイト構築においては、どうしても(特にグローバルナビゲーション)画像やFlash、JavaScriptなどを利用しなければいけないケースも出てくるでしょう。ユーザビリティや情報の閲覧性なども考慮しなければいけませんから、必要であればFlashでも構いません。ただし、その場合はページのフッター部分やその他の部分で、同一ページへのリンクをテキストで設置することです。たとえば、画面上部のナビゲーションリンクは画像で作成してある一方、ページの最下部に同様のリンク先一覧がテキストリンクで記述されているページは少なくありません。要は、ページのある部分でテキストリンク以外のものでリンクを設置する場合は、その迂回策として別の場所に同一ページへのテキストリンクを記述すればよいのです。

※この記事は、『Web担当者 現場のノウハウ vol.3』掲載の記事です。

※記事の内容は、執筆時点のものです。検索エンジンの仕様は頻繁に変わるため、将来においてもこの内容がそのまま該当することは保証できません。

あなたの疑問・質問を募集 SEO相談室で相談したいこと、取り扱って欲しい内容があれば件名に「SEO相談室」相談係と書いてメールにてお送りください(宛先:web-tan@impressrd.jp)。

※本連載の質問受付は終了いたしました。今後の企画をご期待ください。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]