【無料オンライン・ハンズオンセミナー:8月3日開催】DX時代のいまこそ、現場でBIツールを「ちゃんと使いこなす」 ~データ解析と可視化を同時に実現するTIBCO Spotfireを体験~

従来のBIツールと違って、アナリティクスの領域までカバーしているTIBCO Spotfire。日本国内多数の大手企業におけるデータ活用人材の育成を手掛ける株式会社ディジタルグロースアカデミアの廣野氏を講師に迎え、皆さまにSpotfireを操作していただくハンズオンセミナーを開催。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

DX時代のいまこそ、現場でBIツールを「ちゃんと使いこなす」

~データ解析と可視化を同時に実現するTIBCO Spotfireを体験~

DXにおいて最重要なのが顧客データであり、我々がデータを通してお客様を深く理解してエンゲージし続けることが目指す姿です。その際、取得できた顧客データを隅々まで見て(可視化から)示唆を得ることは、データが使い物になるかどうかを判断したり、AIによる自動化・判断レスを検討する準備としても非常に重要なプロセスです。いうまでもなく、その強力な支援ツールがBIツールですが、実際にBIツールを導入したものの、期待していたような成果が出せていなかったり、使いこなせず放置されているケースも少なくありません。

なぜそのようなことがおこるのでしょう。

従来のBIでは、新しいレポートや分析軸を追加したい場合、都度IT部門に依頼をして結果が出てくるのを長い時間待つ必要がありました。一方、近年導入が進んできているセルフサービスBIは、データをまとめて見やすい形にすることには長けていますが、ダイナミックなデータの動かし方や、先を見通すためにアナリティクス(機械学習やAI)まで対応していません。
BIツールは”データを読み解いて考えること”を支援するツールですが、実現したい目的を明確にしないまま導入してしまうと、使えないツールとして判断してしまう事態に繋がります。

TIBCO Spotfireは従来のBIツールと違って、アナリティクスの領域までカバーしています。
データの前処理、可視化、統計解析から分析結果の共有まで複雑な分析プロセスをワンプラットフォームで実現できるため、本来の”データを読み解いて考えること”に集中できます。

当ハンズオンセミナーでは、日本国内の多数の大手企業におけるデータ活用人材の育成を手掛ける株式会社ディジタルグロースアカデミアの廣野氏を講師に迎え、皆さまにSpotfireを操作していただくハンズオンセミナーを開催します。ぜひご参加ください。

セミナーの詳細・お申し込みはこちらから

https://bit.ly/2To7KBB

▼開催概要

日  時:8月3日(火)16:00~17:30

開催形式:・ウェビナーツール:Zoomを利用します。
     最新版Zoomクライアント:https://zoom.us/download

参 加 費 :無料(事前登録制)

定  員:抽選30名 (1社2名まで)
     ※定員を超えてお申込いただいた場合は、別途担当より調整のご連絡をさせていただきます。

参加特典:TIBCO Spotfireの30日間 無料トライアル/講師による個別無料相談

主  催:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

共  催:株式会社ディジタルグロースアカデミア

セミナーの詳細・お申し込みはこちらから

https://bit.ly/2To7KBB

▼セミナーに関するお問い合わせ

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社
セミナー運営事務局

Email:info@nttcoms.com

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]