2019年のインターネットサービス、どんな感じでしたっけ?

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2021年5月28日に、経済産業省から「2020年情報通信業基本調査(2019年度実績)結果」が発表されました。正直、コロナの影響がない時点のデータですので、早く2020年度実績が見たいと発表直後に思いました。

 

ここで今回は2019年、もはや前時代を敢えて取り上げようと思います。
何があったか忘れかけていて、そういえば、国内でもCtoC市場、新しいEC向けプラットフォーム、サブスクなどがワードとして目立っていたので、そのあたりの新興サービスは実際どうだったのかという点を振り返ってみたかったというのも一理あります。

 

2020年情報通信業基本調査の結果概要を読むと「サービス別売上高、課金・決済代行業(同+91.6%増)、ショッピングサイト運営業及びオークションサイト運営業(同+51.1%増)、ウェブ情報検索サービス業(同+24.3%増)が2桁と増加」とあり、気になっていたサービス分野提供企業は非常に堅調で、さらに昨今の状況を考えると、2020年度実績はさらに輪をかけて伸びているのかなと思われます。
ですが、該当するサービスを提供している企業の60%が、海外展開を今後も予定していないと回答しており、ひょっとしたら2020年度実績では伸び率が思ったより鈍化しているかもしれませんね。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_202106.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]