【無料ダウンロード】成果を出し続けるマーケターが実践しているCriteo広告改善手法【Feedmatic】

”成果を出すため”に知っておきたい Criteo広告の改善施策やCriteoの最新機能をまとめたホワイトペーパーを公開しました。 現在のアカウントの対応状況が一目で確認できる「広告改善チェックリスト」付きで、数多くある改善施策の中で優先すべきはどこか?のヒントも!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Criteoには管理画面だけではできない設定が数多く存在することや、新機能のキャッチアップが難しいなどの理由から、”効果改善”をしたくても、どこから手をつけたらいいのかわからないというケースも。これでは、せっかくのCriteoのもつポテンシャルを最大限に活かすことはできません。

そこで、”成果を出すため”に知っておきたい Criteo広告の改善施策やCriteoの最新機能をホワイトペーパーにまとめました。

タグの実装やデータフィード最適化が、Criteo広告の効果に影響があることは知っているけど、具体的にどうすればいいかわからない...という方におすすめです。

 

ホワイトペーパーのダウンロードはこちら
https://feedmatic.net/download/criteo-kaizen/

 

現在のアカウントの対応状況が一目で確認できる「広告改善チェックリスト」付きで、数多くある改善施策の中で優先すべきはどこか?のヒントも!是非ご活用ください。

本ホワイトペーパーでご紹介していること

  • Criteo広告で成果あげるために必要な考え方
  • パフォーマンスを引き出すための改善施策
  • 広告改善チェックリスト
  • Criteoの最新のアップデート情報

コンサルティング型広告運用サービス「Feedmatic」について

「Feedmatic」は、フィードフォースが各種アドテクノロジーサービスを開発してきた技術的な強みを活かし、機械学習による効果最大化を前提とした広告運用の企画、設計、運用を行う広告代理店です。

EC・人材・不動産・旅行業界といった大量のデータを活用する業界を得意とし、主にダイナミック広告/データフィード広告を中心に、広告運用及び企業内でのインハウスの広告運用支援を行っています。

サービスサイト:https://feedmatic.net/

【株式会社フィードフォース 会社概要】

株式会社フィードフォースは、データフィード・構造化データ・ID連携といったテクノロジーを駆使したマーケティング支援サービスを開発・提供しています。当社は 2019年7月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。今後も、「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ というミッションのもとB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]