広報ためのInstagram運用入門と事例紹介〜企業ブランディングにつながる投稿とハッシュタグなど徹底解説!

企業ブランディングのためのInstagram公式アカウント運用について伺います。サービスのイメージを伝える日々の投稿術や集客やフォロワーの増加につながるハッシュタグの選び方など、企業アカウントを盛り上げて行くために必須のノウハウを伝授してもらいます。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。
seminar-pr-20210617.jpg

広報サロンでは、広報やマーケティングの担当者に向け、ノウハウや戦略の考え方をセミナーや動画コンテンツで提供しています。広報戦略・プレスリリース・メディアリレーションズ・社内コミュニケーション・マーケティングなど様々な角度から定期的にセミナーを開催しています。

広報ブランディングには"インスタグラム"

今回は、元TEMONA執行役員CMOで、現在は定額のおもちゃレンタルサービスを提供する『キッズラボラトリー』代表の青栁陽介さんをゲストに、企業ブランディングのためのInstagram公式アカウント運用について伺います。サービスのイメージを伝える日々の投稿術や集客やフォロワーの増加につながるハッシュタグの選び方など、企業アカウントを盛り上げて行くために必須のノウハウを伝授してもらいます。

キッズラボラトリー:https://kids-laboratory.co.jp/
公式Instagram:https://www.instagram.com/kids.laboratory/

セミナーの詳細:お申し込みはこちら

★こんな方にオススメ!

  • スタートアップ・中堅企業の広報PR担当者
  • 広報の仕事について知識を広げたい
  • 企業PRに繋がるSNS活用方法を知りたい
  • Instagramアカウントを活用できていない

オシャレな画像よりも戦略的な投稿が大事!

消費者向けの商材だけでなく、企業のブランドイメージを訴求するため有効なInstagram公式アカウント。なんとなくオシャレな写真を並べたり、TwitterやFacebookのように近況の投稿をしたりすることで、統一感のない企業アカウントがたくさん存在します。

今回の講師を務めるキッズラボラトリーの青栁さんは、Instagram公式アカウントでの投稿を通じて、自社サービスのおもちゃレンタルのサブスクのブランディングや拡販に成功し、サービスローンチから約1年半で登録者(顧客)数を、2000人に成長させました。

何を目的にするかで投稿内容は変わってくる、ブランドイメージが統一された投稿や画像のために必要な自社の分析方法と投稿文の作り方、ハッシュタグ選定でリーチ数が大きく変わってくるなど、実務ですぐに使えるノウハウばかりです。

広報は、メディアリレーションズ、ソーシャルメディア、SEOの3つが重要なスキルセットになります。その中でも企業ブランディングに直結し、潜在顧客層にアプローチできるInstagramの運用は広報のキャリアアップに大きく寄与するものでしょう。今はInstagramの公式アカウントがないという広報の方も今後の必須スキルとして、セミナーで学んでみてください。

【セミナー内容】

  • Instagramアカウントの基本設計について
  • 目的別のKPI設定の方法
  • ネタ切れしない投稿や画像の選び方
  • リーチに重要なハッシュタグの選び方
  • 広報戦略の優れたInstagram事例紹介
  • 質疑応答/講師との交流

モデレーターは、スタートアップから中堅・大手まで幅広く広報PRとマーケティングの支援を10年以上やってきた、シェイプウィン代表の神村優介が務めます。

☆広報サロン入会のご案内☆

会員になると年間24本のセミナー受講やクローズドの交流会に無料で参加できます。さらに、年間36本の会員限定動画コンテンツをオンデマンド視聴も可能です。

広報サロンHP:https://www.shapewin.co.jp/salon
Facebookグループ:https://www.facebook.com/groups/prsalon
公式LINE:https://lin.ee/0zAdpsu

セミナー概要

日時:2021年6月17日(木)13:00-15:00
会場:オンライン(Zoom)
会費:一般:1500円、一般早割:1000円
定員:100名(先着)
視聴方法:Zoomでのウェビナー視聴
・『オンラインイベントに参加する』をご覧ください
主催:広報サロン(主宰:シェイプウィン株式会社)
内容:

  • Instagramアカウントの基本設計
  • 目的別のKPI設定の方法
  • ネタ切れしない投稿や画像の選び方
  • リーチに重要なハッシュタグの選び方
  • 広報戦略の優れたInstagram事例紹介
  • 質疑応答/講師との交流

※PR代理店など同業他社の方は参加できません。お申し込み時に会社名を省略された場合、参加をお断りすることがありますので、ご注意ください。

セミナーの詳細:お申し込みはこちら

【講師プロフィール】

kidslaboratory_aoyagi.jpg

キッズ・ラボラトリー株式会社
代表取締役社長 青栁陽介

25歳から社会人となり、松下電器産業のグループ傘下の企業にて、コールセンターシステムや通信販売管理の業務システムのセールスを経て、38歳でベンチャー企業に執行役員としてジョインし、マザーズ、東証1部上場を経験。CMO、社団法人の立ち上げを経験後、42歳でキッズラボラトリーを設立。福岡大学など教育機関でも講演を行うなど、通販関係の講演における参加者は延べ4,000人以上。インプレス社、ネット担当者フォーラムで記事寄稿するなど、Yahoo!コラムなどにも掲載実績多数。読売新聞、日本経済新聞など大手メディアからの取材実績あり。
キッズラボラトリー:https://kids-laboratory.co.jp/

adviser-pro-kamimura.jpg

シェイプウィン株式会社
代表取締役 神村優介

徳山工業高等専門学校卒業。在学中にNHK高専ロボコン出場経験を生かしたロボット教育ビジネス「MAKE21」を始める。2005年にこのビジネスで経済産業省後援のドリームゲートビジネスプランコンテストの中国地区大会で最優秀賞を取得。その後、株式会社セガトイズに入社し、玩具の企画開発マーケティングを担当。お風呂で使える家庭用プラネタリウム「ホームスターアクア」をプロデュースし、年間15万個出荷の大ヒットを記録。独立後、広報PRを中心にマーケティング企画支援を行うシェイプウィン株式会社を24歳で設立。これまでにChatWorkやスマレジ、TEMONAなどスタートアップの広報PRやマーケティングを支援。

広報サロンとは
スタートアップから中堅・大手企業まで様々な業種の広報担当者のためのオンラインサロンです。専門家・先輩広報・メディアにSlack上で気軽に相談できるプラットフォームの提供をはじめ、広報担当者同士の交流、スキルアップに繋がるセミナーコンテンツの提供をしています。主宰:シェイプウィン株式会社、運営協力パートナー:ASCII STARTUP
https://www.shapewin.co.jp/salon

シェイプウィン株式会社とは
広報PRを中心にマーケティング戦略やDX施策でブランド認知からリード獲得までを支援する企画コンサルティング会社です。広報支援では、プレスリリース作成代行やメディア人脈開拓支援などを行っています。また、SNSやSEO、デジタル広告を絡めたデジタルマーケティングの企画・支援もやっています。
https://www.shapewin.co.jp/

セミナーの詳細:お申し込みはこちら

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]