欧州のデータインフラを目指すGAIA-Xとは

GAIA-Xとは欧州が主導するデータインフラの構築プロジェクトです。現在進行中のプロジェクトのねらいやデータインフラの目指す姿について、データサインの太田が解説しました
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

20210225_LTT_gaia-x@0.5x.png

毎週木曜日に配信している「データサイン・ランチタイムトーク」の模様をレポートします。当記事で取り上げるのは以下の配信です。

  • 配信日:2021年2月25日 
  • タイトル: 欧州のデータインフラを目指すGAIA-Xとは
  • 発表者:データサイン 代表取締役社長 太田祐一

米国企業や中国企業によるデータ流通の寡占に対する欧州の危惧

GAIA-Xとは欧州が主導するデータインフラ(A Federated Data Infrastructure for Europe)の構築プロジェクトです。現在進行中のプロジェクトのねらいやデータインフラの目指す姿について、データサイン 代表取締役社長 太田祐一がランチタイムトークで解説しました。

「ベルギーのシンクタンクのCepsが行った調査結果では、欧米のデータの90%以上が米国のデータセンターに保管されている、ということです」(太田)

とりわけ欧州は、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureといった米国企業、アリババなどの中国企業の台頭に神経を尖らせています。

「EUのGDPR(一般データ保護規則)で規制はしましたが実質的にデータが国外に保管される状況を打開するために、GAIA-Xプロジェクトが動き出したと見られます」(太田)

GAIA-Xは2019年2月にドイツとフランスの産業大臣が発案し、同年9月にGAIA-X AISBLと呼ぶ非営利組織が設立されました。GAIA-X AISBLには、EU域内の企業や研究機関を中心に約200の組織が参加申請しています。

スマートIoT推進フォーラムの資料によると、欧州企業だけでなく、米国・中国のクラウド事業者やITベンダー大手も参画しており、国境を越えたデータ移転(データポータビリティの確保)や、多様な事業者が参画する際の技術的な敷居を下げるインターオペラビリティ(相互運用性)の実装を見据えたオープンな姿勢がうかがえます。

「GAIA-Xの普及を促進するInternational Data Spaces Association(IDSA)は、EUデータ戦略で掲げられたデータのシングル・マーケット、すなわちEU Data Space(データスペース)を提案する団体の1つ、としても知られています」(太田)

上記資料によると、2021年3月21日にGAIA-X技術標準仕様書(第1版)とポリシールールが公開され、2021年第3四半期にGAIA-X α版、第4四半期にGAIA-X v1が順次リリースされる予定です。

「分散型データ管理モデル」とはいえ中央集権的な色合いが濃い

GAIA-Xはどのような仕組みになっているのでしょうか。

スマートIoTフォーラムの資料によると、そのアーキテクチャーは、分散型データ管理モデルで、さまざまな既存クラウドサービスと共存、相互運用性を確保するとあります…

続きは、DataSignブログで

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]