EC Booster、Google ショッピング タブの無料リスティングを利用できる「Google 掲載」に対応!〜フリープランを新設し、最短 5 分の設定で Google への商品掲載が可能に〜

フリープランでは、Google上に無料で商品を掲載できる「Google ショッピング タブの無料リスティング」を活用するための 3 つの機能を完全無料で提供し、EC 事業者様のショップの認知拡大や売上増加に貢献いたします。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供する Google 商品掲載・自動運用サービス「EC Booster」は、Google が新たに公開した「Google ショッピング タブの無料リスティング」にシステム連携し、「フリープラン」の提供を開始いたしました。フリープランでは、Google上に無料で商品を掲載できる「Google ショッピング タブの無料リスティング」を活用するための 3 つの機能を完全無料で提供し、EC 事業者様のショップの認知拡大や売上増加に貢献いたします。また、Google 広告 ヘルプ コミュニティ ゴールドプロダクトエキスパートであるアナグラム株式会社の田中広樹氏にEC Boosterのアドバイザーとして就任いただき、日本全国の EC 事業者様における商品データ活用を推進してまいります。

▼詳細は下記よりご一読いただけます。
https://ecbooster.jp/news/free-plan-20201109

Google に無料で商品掲載が可能な「Google ショッピング タブの無料リスティング」とは

Google ショッピング タブは、ユーザーがさまざまな商品と出会える場所です。Googleでは10月16日より、 Google の検索結果に表示されるショッピング タブに無料で商品を掲載できるようになりました。

ショッピング タブの商品掲載には、「Google 掲載」(英名 : Surfaces across Google)への対応が必要となります。「Google 掲載」とは、Google 検索、Google 画像検索、Google ショッピング タブなどの Google サービスで、販売している商品を検索結果に無料で掲載することができるようになる機能です。※有料での Google ショッピング広告の掲載枠も引き続き存在します。

Google ショッピング タブの無料リスティングの開始は、広告予算を多く持たない EC 事業者様にとって大きなチャンスとなる一方、Google Merchant Center へ、商品を登録したり、Google が求める商品フィードを定期的にアップロードし、Google のポリシーに合わせてフィードを修正したりするなど、Google Merchant Center の活用が必要となります。

EC Booster の「フリープラン」提供開始について

EC Booster では、EC Booster に対応する EC システム(futureshop、MakeShop byGMO [以下、MakeShop]、カラーミーショップ byGMOペパボ [以下、カラーミーショップ]、ショップサーブ)を利用中の事業者様を対象に(※)、完全無料で利用可能な「フリープラン」の提供を開始いたします。

フリープランは、下記の3つの機能を保有しています。

1. かんたん出稿・自動運用機能

EC Booster の最短5分の初期設定をするだけで、「Google 掲載」がすぐに利用でき、日々の運用の手間も一切かかりません。

2. 出稿ステータス通知機能

Google への商品掲載において不承認が発生している際、EC Booster が自動で解決方法とともにお知らせします。ご利用の EC システム上で商品データを改善することで、すぐに不承認を解消でき、商品掲載の機会損失を最小化できます。

3. 商品データ改善アドバイス機能 ※順次提供予定

EC Booster の持つ膨大な商品掲載結果を元に、 EC Booster 独自の AI による商品掲載実績の分析や、業種などに応じた最適な商品データ改善実績をご案内いたします。

フリープランの詳細については、こちらのページをご覧ください。

Google 商品掲載・自動運用サービス「EC Booster」について

「EC Booster」は、「Google 掲載」での無料の商品掲載や、Google ショッピング広告の運用を自動で行う自社 EC 集客サービスです。主要 EC システム(futureshop、MakeShop、カラーミーショップ、ショップサーブ)と連携することで、Google の検索結果画面に画像付きで自社商品を訴求することが可能となります。さらに、商品出稿ステータスの自動通知や改善アドバイス機能により、EC 事業者様の商品データ改善や売上拡大に貢献します。

サービスサイト:https://ecbooster.jp/

【株式会社フィードフォース 会社概要】

株式会社フィードフォースは、データフィード、構造化データ、ID連携といったテクノロジーを駆使したマーケティング支援サービスを開発・提供しています。当社は2019年7月に東京証券取引所マザーズ市場へ上場しました。今後も、「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ というミッションのもとB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司

事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業

Webサイト:https://www.feedforce.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社フィードフォース 担当:川田、井形
URL:https://www.feedforce.jp/
E-mail:sales@ecbooster.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]