動画、SNS強化、WebPなど、2021年マーケティング活動は大忙し。もう自動化しないとやってられない。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「動画、SNS強化、WebPなど、2021年マーケティング活動は大忙し。もう自動化しないとやってられない。」を公開しました。

###

皆さんのマーケテイング活動はいかがでしょうか? 私は吉政創成というB2Bマーケティングアウトソーシングサービスを提供する会社を経営していることもあり、大忙しです。忙しい自慢をしているわけでもなく、多くのB2Bマーケティングサービスの会社も大忙しのはずです。コロナ禍で仕事がなくなるかと思っていたら、B2Bのお客様がアフターコロナに備えてマーケティング活動を強化しているので、忙しく過ごしています。結局、攻めないと生き残れないという判断をしたB2Bビジネスの企業が多いということだと思います。

こんな状況なのですが、2021年はさらに大忙しのマーケティングになりそうなのです。気が付いている方も多いと思うのですが、Googleの検索結果の表示に「ニュースピックアップ」が出ていた部分に一部動画が入り始めましたよね。Googleは今後、動画推しということのように思えます。また、検索結果の一部に動画だけがサムネイル付きで出るようになりました。これにより動画のクリック率が上がるはずです。2021年は多くの企業がこの事実に気が付き、企業によるB2Bビジネス用の動画配信が一気に増えるはずです。もう一部の企業では始まっていますよね。動画が増えるとその差別化のために手間をかけないといけなくなりますので、現場ではもう大騒ぎになると思います。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_4030

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]