実店舗×ECに効果あり!LINEミニアプリ会員証施策のベストプラクティスとは?【Feedmatic Blog】

LINEミニアプリの会員証は、店舗でQRコードを読み取るだけですぐに会員証を発行することができるため、実店舗を起点に顧客とのオンライン接点を獲得できる施策として注目されています。実店舗とECを運営する事業者におすすめのLINEミニアプリ会員証施策の効果的な活用法をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

LINEミニアプリとは、多くのユーザーが日常的に使用するLINEアプリの中に、メニューや料金などの情報、予約フォームの設置、クーポン発行、会員証(ポイントカード)機能、決済機能などを組み合わせて、自社のWebサイトやネイティブアプリにかわる機能を開設できる、ウェブアプリケーションプラットフォームです。

続々とLINEミニアプリを利用したサービスがリリースされ話題になっていることからも、気になっている方は多いのではないでしょうか?

中でもLINEミニアプリの会員証は、LINE公式アカウントとLINEログインを組み合わせることで、実店舗を起点に顧客とのオンライン接点を獲得、実店舗とECのユーザー情報の一元化、リピート促進までをシームレスに展開することができるため、実店舗とECとを運営する事業者におすすめの施策です。

[Feedmatic Blog]実店舗×ECに効果あり!LINEミニアプリ会員証施策のベストプラクティスとは?
https://blog.feedmatic.net/line-mini-apps-point-card/

▼記事の一部をご紹介▼

EC×実店舗でLINEミニアプリの会員証施策をおすすめする理由

ネイティブアプリやプラスティックカードで提供されている会員証サービスの多くは、ユーザーとの関係性構築、リピート促進、ロイヤルカスタマーの識別、ユーザー満足度の向上等を目的に導入されています。

ところが、スマホの利用が一般化するにつれて、従来の会員証施策ではこれらの目的を十分に果たすことができなくなりつつあります。

  • レジでアプリをダウンロードしたり、会員申込書に記載をするわずらわしさが導入ハードルとなって、なかなか会員獲得数が伸びない
  • 物理カードの会員証では、カード忘れが発生してしまう
  • 店舗の会員データベースとECでポイントが一元化できていない

これらは、LINEのミニアプリの会員証で解決することができます。

目次をご紹介

  • EC×実店舗でLINEミニアプリの会員証施策をおすすめする理由
  • LINEミニアプリだけじゃもったいない!LINEミニアプリ会員証×LINE公式アカウント×LINEログインの合わせ技活用のすすめ
    • 実店舗とECの会員情報を一元化できる
    • LINE公式アカウントの友だちへのメッセージ配信でリピート促進
    • ユーザーの利便性をアップ
    • LINE広告などLINEのプラットフォームを横断してマーケティングに活用できる
  • LINEミニアプリ会員証の事例

[Feedmatic Blog]実店舗×ECに効果あり!LINEミニアプリ会員証施策のベストプラクティスとは?
https://blog.feedmatic.net/line-mini-apps-point-card/

Feedmatic Blogとは

Feedmatic Blogとは、株式会社フィードフォースが「データフィード」「ダイナミック広告」「ID連携」を軸に、新しいマーケティングのトレンドや実践的なノウハウを発信するブログです。

変化の激しいデジタルマーケティングの世界で様々な手法を模索中のマーケターに向けて、日々有益な情報を発信しています。

Feedmatic Blog:https://blog.feedmatic.net/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]