.new ドメインの一般登録開始

"docs.new" や "slide.new" など「何らかのアクションを促す」ためのトップレベルドメイン .new の一般登録が開始しました。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2020年7月21日から .new ドメインの一般登録が開始しました。

.new ドメインは Google をレジストリとして提供されるトップレベルドメインで、Googleによると登録条件は以下です。

  • 何らかの行動を起こすため、コンテンツ作成のために使用されること (Be used for action generation or online content creation;)
  • ユーザーに直接行動を起こさせる、またはコンテンツ作成の (Take the user directly into the action generation or content creation flow;)
  • .new ドメイン名を取得してから100日以内に上記の設定を行うこと (Resolve to the action within 100 days of registration;* and)
  • Google レジストリ側で利用規約を守っていることをコストをかけず確認できるようにする (Allow Google Registry to verify compliance at no cost.)

というものです。

Google では doc.new、docs.new、document.new、sheet.new、sheets.net、spreadsheet.new をブラウザのアドレスバーに入力すると直接 Google ドキュメントやGoogle スプレッドシートが立ち上がるようにしていたり、GitHub では repo.new で新しくレポジトリを作成するページに誘導したり、Spotify では playlist.new で新しくプレイリストを作成できるページに誘導したり、Medium では story.new で新しい記事投稿ページに誘導したり、「ユーザーに直接何らかの行動を起こしてもらう」ために使用できるトップレベルドメインです。

サイト上でユーザーに何かを作成させる機能があるサービスを提供している場合、短い文字列で .new ドメインを取得してマーケティングキャンペーンやチラシや名刺などの印刷物に使用するなど用途は様々あります。

登録をされる方はGandi.net から .newドメインの登録を行うことができるのでご確認ください。

====

Gandi.net について

Gandiは20年以上ドメイン名登録、管理サービスを提供しているドメインレジストラで、現在750種類以上のトップレベルドメインを提供しています。No Bullshit (誠実さ、透明性) をモットーに透明性のあるコミュニケーションを心がけサービスを提供し、オープンソースプロジェクトへのサポートや社会貢献プロジェクトの後援も行っています。

Amazon Web Services (AWS) が提供するドメイン名登録サービスのトップレベルドメインを提供するドメインレジストラでもあります。

https://www.gandi.net/ja/about-us 

 

参考リンク:

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]