ECサイトの商品データを一括でショッピング広告・Criteo・YDN・Facebookダイナミック広告データへ変換する方法

複数媒体の更新管理が難しいデータフィードですが、記事内で紹介しているエクセルファイルを使用することで"誰でも簡単に短時間で"商品データの更新をすることができます。無料なのでぜひ記事を読みながらご活用ください。

データフィードファイル、どうやって更新してますか?

EC 系の職種で大きな成果を上げることができるショッピング広告や、今や EC 以外の業種でも欠かせない広告となっている動的リマーケティング。これらで成果を最大化するためには、最新の商品情報とデータフィードを細かく連動させることが重要となります。

データフィード管理ツールを使って全自動で更新するのが理想的ですが、ツール費用やシステムとの連携など、様々な障害によってツールを導入できない方も多いのではないでしょうか。ただ、ツールを使わずエクセルなどで更新作業を行おうと思うと、以下のような問題が起こりがちです。

  • 商品点数が膨大で、更新作業だけで1日が終わってしまう
  • 媒体の種類が多く、媒体ごとに表記形式を合わせるのに時間がかかる
  • 表記形式の間違いによるインポートエラーが多発する
  • 手順が複雑で、更新作業をできる人間が社内に一人しかいない
各媒体によって表記形式が異なるものを瞬時に変換が可能

エクセルで簡単にデータフィード更新ができるファイルを用意しました

この記事ではそんな方のために、エクセルを使って誰でもミスなく、短時間で複数媒体のデータフィードを更新するためのファイルをご用意しました。

記事の続きはこちら

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]