ソーシャルログイン / ID連携サービス「ソーシャルPLUS」が、 NECの提供する EC・通販総合ソリューション「NeoSarf/DM」と連携!

LINEログイン等のソーシャルログイン機能が「NeoSarf/DM」に標準搭載。ECサイトでのプラットフォーム活用強化をねらう!
よろしければこちらもご覧ください

2019年12月18日、ソーシャルログイン / ID連携実装支援サービス「ソーシャルPLUS」を提供する株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)は、日本電気株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:新野 隆、以下「NEC」)が提供するEC・通販総合ソリューション「NeoSarf/DM」との連携を開始いたしました。

 

 

 

「ソーシャルPLUS」との連携で、「NeoSarf/DM」にソーシャルログイン機能が標準搭載!

NECが提供する「NeoSarf/DM」は、EC・コールセンター・会員をオールインワンで管理できるECシステムと通販システムの総合ソリューションです。

商品・注文・会員情報を統合DBで管理しつつ、顧客の利用チャネルやデバイス特性に併せてデザイン・画面構成・表示項目等を切り替えることで、チャネルを横断した柔軟な顧客サービスの実現を支援しています。

この度、ソーシャルログイン機能を提供する「ソーシャルPLUS」と、EC・通販総合ソリューション「NeoSarf/DM」が連携したことにより、「NeoSarf/DM」を利用するEC事業者は、LINEやYahoo! JAPAN、Facebook、Twitter等の様々なソーシャルメディアや外部サービスに対応したソーシャルログイン機能を、簡単に自社ECサイトに実装することができるようになりました。

ソーシャルログイン機能を導入することで、会員登録時のエントリーフォーム入力や再ログイン時のID・パスワード入力の手間が省けるため、コンバージョン率・離脱率の改善、新規会員の獲得率・LTVの向上等が期待できます。

また、中でもLINEログインを導入することで、企業のLINE公式アカウントをユーザーの日常的なサービス利用の接点として、より効果的に活用する施策も可能になります。

・ソーシャルPLUS LINEログインオプションのご紹介:https://socialplus.jp/line/

連携により、ECサイトでのプラットフォーム活用強化をねらう

昨今、スマートフォンを基軸としたライフスタイルや購買行動の変化に適応するため、ユーザーの利便性向上を目指したソーシャルログイン機能の導入や、LINEをユーザーとのタッチポイントとして活用する動きは、ますます広がりをみせてきています。
そのような時代背景の中、ECサイトでのプラットフォーム活用の強化を目指して、今回「NeoSarf/DM」と「ソーシャルPLUS」は連携を開始いたしました。

顧客情報・商品情報の統合管理と、顧客の利用チャネルやデバイス特性に合わせたサービス提供に強みのある「NeoSarf/DM」と、LINEをはじめとしたソーシャルログイン / ID連携機能を提供する「ソーシャルPLUS」を組み合わせて利用することで、プラットフォームを活用して一人ひとりのユーザーに適したマーケティング施策を行うことが可能となります。

今後も「ソーシャルPLUS」では、より多くのWebサイトと幅広いユーザーに向けて便利なソーシャルログイン機能を提供するとともに、WebサイトとLINE公式アカウントとの効果的な連携の支援を行うことで、ユーザー体験のさらなる向上や、新規会員登録率とコンバージョン率、売上の最大化に貢献してまいります。

「NeoSarf/DM」について

「NeoSarf/DM」は、市場の変化や日々の課題に柔軟に対応し、お客様の事業の成長を支えるEC・通販総合ソリューションです。
細分化された機能部品を組みあげていくシステム構造により、お客様のビジネスに最適な環境を速く安定的に構築。日々の業務の改善はもとより、将来的な機能拡張やシステムの統合、事業の拡大にも優位なポジションを形成することにも貢献します。

・「NeoSarf/DM」サービスサイト:https://jpn.nec.com/neosarf/dm/index.html

「ソーシャルPLUS」について

「ソーシャルPLUS」は、ソーシャルログイン機能を既存のWebサイトに簡単かつ安価に導入できるサービスです。LINEやFacebook、Yahoo! JAPANなど、複数のプラットフォームに対応しています。「Appleでサインイン」にも2020年2月頃対応予定です。

また「ソーシャルPLUS」のLINEログインオプションは、企業のLINE公式アカウントと連動するLINEログインをはじめ、LINE Profile+や自動友だち追加機能、Messaging API等、LINEを活用した顧客とのOne to Oneコミュニケーションに必要となる各種機能の導入にも対応しています。

さらに「ソーシャルPLUS」が提供するメッセージマネージャーでは、特定のユーザーに対し、ブラウザ上の操作で簡単にメッセージの送信が可能で、通常のLINEのように1:1でトークする事が可能となる「カスタマーサポート」機能も提供しています。顧客からの問い合わせや予約受付といった個別対応に活用でき、ユーザーの利便性が大きく向上します。
・ソーシャルPLUSについて:https://socialplus.jp/

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。

会社名:株式会社フィードフォース
所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
代表者:代表取締役 塚田 耕司
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
Webサイト:https://www.feedforce.jp/  

<本件に関するお問い合わせ先> 
株式会社フィードフォース 
担当:大西、金井
TEL:03-5846-7016  (受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く)
FAX:03-3834-7666 
E-mail:pr@feedforce.jp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]