主要20ヵ国(G20)政府ドメインのSEO強度であるパワーランクを調査

G20(主要国首脳会議に参加する7ヵ国、ロシア、欧州連合、新興国11ヵ国の合計20ヵ国)の政府ドメインを調査し、パワーランク状況をまとめました。
よろしければこちらもご覧ください

SEO・Webマーケティングサービスの販売・提供をしている株式会社アクセスジャパン(本社:北海道札幌市、代表取締役:入谷 勇太、以下「アクセスジャパン」)は、G20の各国政府サイトにおける、ドメインのSEO強度であるパワーランクを弊社が無料で公開しているSEOツール「パワーランクチェックツール」で調査し、2019年10月23日にレポート(https://www.efbweb.org/seo-tools/power-rank-check-tool/g20-power-rank/)を公開しました。(調査は2019年10月に実施)

 

「パワーランク」とは、様々なデータからアクセスジャパン独自の計算式により、ドメインパワーとも呼ばれているドメインに対するSEO的観点での価値を数値化したもので、「パワーランクチェックツール」は、ドメインを入力することで、パワーランクを調査できる無料SEOツールです。

 

今回のレポートでは、G20(主要国首脳会議に参加する7ヵ国、ロシア、欧州連合、新興国11ヵ国の合計20ヵ国)の政府ドメインを調査し、パワーランク状況をまとめました。概要は以下の通りです。

 

※G20(フランス、アメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、ロシア、欧州連合、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ共和国、オーストラリア、韓国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、アルゼンチン)

 

■レポート概要

・最大のパワーランクはロシアの 「96.5」 、最小のパワーランクはアルゼンチンの「64.0」

・G20のパワーランク平均は 「83.0」

・G20の中でも経済が発展していると言われているG7(フランス、アメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ)の政府ドメインのパワーランク平均は「85.4」

 

G20のWebサイトの中には、最も歴史があるドメインが1985年1月にドメインを取得し34年経過しているアメリカ合衆国の政府ドメインで、パワーランクが「90.5」、2017年にドメインを取得しまだ2年しか経過していない南アフリカ共和国の政府ドメインにおいてもパワーランクは「80.5」となりました。

 

公共性や情報の有用性等から他のWebサイトよりリンクを得られることも多いなど、政府ドメインのような対外的な信用の高いサイトのパワーランクは高い傾向にあると考えられます。

 

■レポート詳細

・URL:https://www.efbweb.org/seo-tools/power-rank-check-tool/g20-power-rank/

 

■「パワーランクチェックツール」

・URL:https://www.ispr.net/

・概要:ドメインを入力することで、アクセスジャパンが独自に数値化した、ドメインのSEO強度である「パワーランク」を調査できる無料SEOツール

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]