KUSANAGI for WordPress試験(通称WP高速化試験)を発表

~11月10日ベータ試験を実施(合格者は第一号本認定)~
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

一般社団法人BOSS-CON JAPAN(代表理事:吉政忠志、所在:東京都世田谷区、以下「BOSS-CON JAPAN」)は、BOSS-CON JAPAN内組織であるPHP技術者認定機構にて、KUSANAGI for WordPress試験(通称WordPress高速化試験)を実施することを発表しました。KUSANAGI for WordPressベータ試験は11月10日に実施いたします。本試験はプライム・ストラテジー株式会社の資金提供により開発、実施されます。

■KUSANAGI for WordPress実施の背景

全世界のWebサーバーの34.6%でWordPressが稼働しており、全世界のCMSの61.3%がWordPressになっています(W3Techs 2019年8月1日発表)。一方でWebコンテンツは年々、見やすく美しいものが求められており、CMSにおいては超高速な処理が求められています。今回、試験を実施するKUSANAGIはWordPressを中心とするCMSを超高速化するニーズを捉え、国内外主要28プラットフォームに対応し、4年間で累計3万台の実績を得ています。

PHP技術者認定機構は、WordPressの市場規模の大きさと今後の成長を捉え、WordPressの高速化を担う人材育成が必要であると考え、プライム・ストラテジー株式会社の資金支援を受けKUSANAGI for WordPress試験を実施することにいたしました。なお、問題作成は鵜川徹氏(株式会社デジタル・ヒュージ・テクノロジー)、小澤昌樹氏(株式会社シオラボ)、津村彰氏、穂苅智哉氏(プライム・ストラテジー株式会社)、宮﨑悟氏、吉政忠志氏(吉政創成株式会社)(五十音順)が行いました。

■KUSANAGI for WordPress試験概要

試験名称:KUSANAGI for WordPress試験(通称WP高速化試験)
試験概要:KUSANAGIで採用されているWordPress高速化技術を問う試験
対象:WordPressの高速化に興味があるWebエンジニア
試験会場:全国約200か所のオデッセイ コミュニケーションズCBTセンター
試験日:通年実施
受験料金;1万円 学割5千円(税抜き)
出題数:40問
合格:70%正解にて合格
出題概要:WordPressの原理と仕組み、高速化のノウハウ及びKUSANAGI
出題範囲:
https://www.phpexam.jp/news/kusanagi-for-wordpress-ex/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]