ソフトバンクワールドから見えてくる海外の先進事例とデータ活用の未来

ソフトバンクワールドから見えてくる海外の先進事例とデータ活用の未来
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

7月18日~7月19日にソフトバンクが開催する法人向けイベント「SoftBank World 2019」がザ・プリンスパークタワー東京で開催されました。今年で6回目となるソフトバンクワールドですが孫正義さんの基調講演の中では、25歳にてあと三ヶ月で世界最大のホテル王になるとされているOYOのRitesh Agarwal氏、東南アジアでNo.1の配車アプリ・フードデリバリーアプリ・それから電子決済アプリを提供しているGrabのAnthony Tan氏による講演もありました。日本企業として日本国内で展開しているソフトバンクの最新取り組みだけでなく、ソフトバンクビジョンファンドを運営するソフトバンクが応援しているアジアのメガベンチャーが何をやっていて何を目指しているのかも感じられるイベントでした。オンラインメディアの記事からピックアップして紹介します。

ソフトバンクワールドから見えてくる海外の先進事例とデータ活用の未来

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICP
「ICP(Internet Content Provider)ライセンス」と呼ば ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]