「Oracle CloudでKUSANAGIを動かしてみた」第2回(小澤昌樹氏)

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「「

###

1. はじめに
前回より始まりました「Oracle CloudでKUSANAGIを動かしてみた」の2回目です。前回は、パブリッククラウドサービスの「Oracle Cloud」についてざっくりと紹介しました。多様なサービスがあることに驚きましたね。さて、今回は、Oracle Cloudの課金システムについて説明し、アカウント登録へと進んでいこうと思います。
2. Oracle Cloudの課金システム
Oracle Cloudの課金システムは、ユニバーサル・クレジットという仕組みを利用しています。ユニバーサル・クレジットには、主に次のような支払方法があります。
Pay As You Go(従量課金)
利用した分だけ翌月に請求される完全従量制の支払い方法です。多くのパブリッククラウドサービスで採用されているのでおなじみですね。
使用するサービスが特定されていないとか、実際の使用量が見積もれていない場合には、こちらを選択します。
 

Oracle CloudでKUSANAGIを動かしてみた」第2回(小澤昌樹氏)」を公開しました。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]