広告成果を予測する方法【Google検索広告編】シミュレーションプレゼント

どの広告にいくら投資するべきか? その答えは広告シミュレーションを作成すればわかります。今回はシミュレーションを作成する意味から方法まで全部解説!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

「どの広告手法にいくら投資すべきか?」

経営層やマーケティング担当者はこの質問にどう答えるべきでしょうか?

売上を伸ばしたい、ブランディングを強化したい、休眠顧客を発掘したい…
こうした課題に対して、広告施策は素直に答えてくれます。

しかし、もし100万円投資して10万円分の利益にしかならなかったら…
こうした懸念から、広告投資に踏み切ることが難しくなっているかもしれません。

こちらは弊社で作成している広告シミュレーションの一例です。
今回は、事前に広告成果を予測するシミュレーションの作成方法を紹介します。

広告シミュレーションの作成方法

1 広告出稿前にシミュレーションを作成する理由

2 広告シミュレーションで出てくる用語

  • オーディエンス/セグメント
  • 表示回数
  • クリック率/クリック数/クリック単価
  • コンバージョン率/コンバージョン数
  • 獲得単価(CPA)

3 Google検索広告のシミュレーション作成手順

  • 1.商品・サービスの把握、市場調査
  • 2.検索キーワードの調査
  • 3.クリック率・コンバージョン率を決める
  • 4.シミュレーション作成

広告シミュレーションの作成方法

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]