Webプロデューサー、Webディレクターの違いは?Web制作会社の職種一覧

WebプロデューサーとWebディレクターの違いがわかりますか?
よろしければこちらもご覧ください

WebプロデューサーとWebディレクターの違いがわかりますか?Web制作会社にはさまざまな職種の社員やスタッフが働いています。本記事では一般的な職種についてご紹介します。

※職種はプロジェクトや会社により呼び方や領域が異なります。また、一般的な職種名でご紹介しているため、メンバーズの職種やその領域と異なる場合があります。

■Webディレクター
Webディレクターは、Webプロデューサーが立案した計画を実行していきます。Webデザイナーや、Webエンジニアなどの制作スタッフをまとめて制作進行管理や制作物の品質管理なども行います。案件規模によっては、Webプロデューサーの役割を兼任する場合があります。

■Webプロデューサー 
Webプロデューサーは、Webサイトの責任者です。Webサイトの計画立案から人員計画、予算管理、品質管理、顧客対応などを行います。

■Webデザイナー
Webデザイナーは、Webサイトやアプリ等のインターフェイスのデザインを行います。顧客のニーズを満たすデザインを作成することはもちろん、デザインの前段のワイヤーフレームやプロトタイプを作成する場合もあります。また、企画設計やコーディングまで行うWebデザイナーもいます。

■UXデザイナー
UXデザイナーは、ユーザーテストや調査を行い、問題点を洗い 出しその解決策を考え、それを元にサービスやサイト、アプリの企画を行います。その後、ワイヤーフレームやプロトタイプ作成します。また、UXデザイナーがインターフェイスのデザインも行うこともあります。

続きはこちらから>>

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]