脱家電見本市となって2年目の今年のCEATEC

脱家電見本市となって2年目の今年のCEATEC
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

脱・家電見本市を掲げた2016年から大きく変化、2017年からはIoTと共創をテーマとする総合展示会となったCEATEC。10月16〜19日の4日間、千葉県の幕張メッセでが開催されました。今年のCEATECで取り上げられているのは、MUFGをはじめ3メガバンクがそろって出展したこともあり電子決済やFinTechなどの分野やAI分野で有名なベンチャー Preferred Networksも出展しているロボット分野、それに家電連携の各種サービス。商品にICタグをつけることにより実現するローソンの無人レジの展示なども各種オンラインメディアにとりあげられました。今年のCEATECもさまざまなオンラインメディアでレポートされていますが、その中でもよく取り上げられたものをピックアップして紹介します

脱家電見本市となって2年目の今年のCEATEC

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセスカウンタ
特定のページに何回アクセスがあったかを計測するプログラム。無償プログラムとして配 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]