訪日ビジネスを考える~翻訳者を正しく理解して使うには?~

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません


品質の高い、伝わる原稿を作るには」というテーマで日本語の奥深さ故の翻訳の難易度に触れましたが、そもそも皆様“翻訳者は何をする人なのか”について正しく理解されていますでしょうか?
英語ネイティブ≠英文コピーライター」という記事で具体的に触れていますが、“日本語原稿を翻訳者に渡せば、後は良きに計らってくれる”という感覚で依頼をしては、絶対にいけません。

結論から言えば、『翻訳者は文章を忠実に翻訳先の言語に置き換える』ことが唯一の仕事です。
つまり、“現地の方に読みやすい文体にアレンジ”、“ニュアンスをくみ取って表現”、“日本語原稿を要約して翻訳”などを期待するのは、完全な間違いだと言うことを念頭に置いておく必要があります。

 

▼続きはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_201810.html

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ステークホルダー
消費者や投資家、顧客企業など企業を取り巻く利害関係者全体を示す。 他に、産 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]