「Googleシェア99%へ。広告に頼るWebサイト集客はやはり厳しい件。コンテンツの本質を考えるべき」

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

私のコラムがディーアイエスソリューションで公開されました。

普遍的に効果を出すローコストなSEO対策を解説しています。

興味がある方は是非ご覧ください。

###
Webサイトの運営方法やSEO、集客などの方法は様々な方法があると思います。
どれが正しいかと言えば、高い投資対効果を継続的に得られ、その効果が拡大していく方法がいい方法になります。

それらの方法の中で、Googleの検索順位で上位に入ることが投資対効果が高い方法であるとされています。それ故に、多くのWeb担当者がGoogleでの検索順位での上位を狙います。

また、検索エンジンのシェアを見てみると、以下の表のように日本では90%以上のユーザがGoogleを使用しています。
 
ただ、Googleの検索順位で上位に入ることはなかなか難しいことですよね。検索順位の上に入るためには、Googleが掲げる「Contents is KING」にのっとり、他よりいい新鮮なコンテンツを提供し続ける必要があります。ちなみにですが、どんなに良いコンテンツを作っても更新を続けないと、古いコンテンツとして判断され、検索順位が落ちていくように思えます。実際に、最近検索してみても古い放置されたページが検索順位の上位に出てくることは稀になりました。

ただ、良質のコンテンツを公開し続けることや更新し続けることは結構大変であるため、広告に依存するサイトともあります。それはそれで弊社のクライアントでなければ止めはしませんが、Googleが良いコンテンツと判断しないページに広告を使用しても、PVが増えるだけでコンバージョンの上昇はあまり見込めないはずです。

ではどうすればよいのか?

(この続きは以下をご覧ください)
 https://www.si-jirei.jp/2018/09/28/google_kusanagi%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%...

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

O2O
O2Oは「Online to Offline」の略で「On2Off」と表現される ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]