Google データスタジオによるGoogle アナリティクス課題発見レポート作成講座~実践編

Google データスタジオの基礎、使い方とGoogle アナリティクスでの深掘り分析にフォーカスをした内容です。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

データスタジオによるGoogle アナリティクス課題発見レポート作成講座~実践編

開催概要

開催日時:9/28(金)13:00 - 18:00(適宜休憩を挟みます)
会場:ソフトバンク・テクノロジー会議室(東京・東新宿)
参加費用:40,000円(税抜)
定 員: 6名
※当日は名刺をお持ちください。

セミナー概要

データスタジオでサイトの課題を発見し、必要があればGoogle アナリティクスの標準レポートでサイト課題を更に深掘りをできるようになるための講座です。

データスタジオの基礎、使い方とGoogle アナリティクスでの深掘り分析にフォーカスをした内容です。
自社サイトデータを操作しながらのご受講をお勧め致します。

 

参加対象者

  • 定期的にGoogle アナリティクスのレポートを出しているが課題が見つからず悩んでいる方
  • Google アナリティクスで課題を発見したい方
  • ダッシュボード形式でウェブサイトのデータを把握したい方
  • データスタジオの基礎を学びたい方
  • 定期レポート→課題発見の流れを早くしたい方
  • 分析のポイントを押さえたい方
  • 代理店に任せているレポーティングを自社で行いたい方

 

講座のレベル

基礎~中級
お気軽にご参加ください。毎月の集計作業をしているなど、ある程度定期的にGoogle アナリティクスを閲覧されている方におすすめしております。
※講座で扱うデータの対象はGoogle アナリティクス無償版、Search Consoleのみとなります。

 

研修の形式

座学とハンズオンの両方を行います。
※ノートパソコンをお持ちいただき、自社のデータで取り組んでいただくことをお勧め致します。
※デモサイトでご受講の場合は、データスタジオの特性上、講座時に作成したレポートテンプレートの持ち帰りはできませんのでご注意ください。
※インターネット環境(WiFi)をご準備致します。
※主催者側で準備したノートパソコンで受講いただくことも可能です。

 

研修で配布するもの

  • 研修資料 ※資料に基づいて講師が解説します

 

研修内容

1.Google アナリティクスをデータスタジオで可視化するとはどういうことか

  • データスタジオでは何がどこまで可能なのか
  • ウェブ担当者としてデータスタジオの位置づけを把握
  • モニタリング用と課題発見用のデータスタジオを区別して活用する
  • データスタジオでの課題発見とGoogle アナリティクスでの原因深掘りの流れ

2.データスタジオ活用前にGoogle アナリティクス側で必要な設計と設定

  • 分析速度を加速させるプロセスKPIの考え方
  • 2種類のサイトゴールと設定方法~ページ到達とイベント
  • コンバージョンと指標グループの関係
  • コンテンツグループの設定~サイト内遷移分析の準備
  • カスタムディメンション~ユーザー単体測定方法と様々な分析軸
  • プロパティとビューの理解と整備~テスト用と本番用の分離

3.データスタジオ活用の前提となるGoogle アナリティクスの基礎

  • Google アナリティクスの画面構成
  • 指標とディメンション~データを構成する二大要素
  • 標準レポートの見方と使い方
  • 「スコープ」の理解とデータスタジオに反映する際の注意点~標準レポートを手本にする

4. データスタジオの基礎理解

  • データスタジオの構成~レポート、データソース、エクスプローラー
  • レポート構成要素~データソース、データ、スタイル

5. データスタジオでのレポート作成と考察

  • モニタリングレポート~社内報告用のレポートはレポートギャラリーを活用する
  • 課題発見レポート~ウェブ担当者は「表形式」で課題を察知する
  • CSVでのデータアウトプット方法
  • PDFでのデータアウトプット方法
  • 課題発見レポートでの課題発見演習

6. データスタジオで検索キーワードを分析しユーザーニーズを把握する

  • 実はつながっていないGoogle アナリティクスとSearch Console
  • Search Consoleデータをデータスタジオに取り込む
  • ランディングページごと検索キーワードを分析~顧客のニーズ把握はページ毎の検索キーワード分析で行う

7. Google アナリティクスでの課題深掘り演習

  • セカンダリディメンション
  • システムセグメント
  • カスタムセグメント
  • 行動フロー~コンテンツグループを作成してページ遷移をまとまりで捉える
  • ナビゲーションサマリー~ページ毎の活用度合いを分析
  • 入り口からの遷移~ランディング後のページ導線を把握
  • コンバージョンと指標グループ

講師: 永井隆(ながいたかし)

企業のマーケティング(市場創造)活動を促進するためのウェブ分析をモットーとする。Google アナリティクスの標準レポートを最大限活用したレポート作成が得意。実務ではGoogle アナリティクスのカスタマイズからウェブ分析、KPI設計までを幅広くご支援。研修スタイルはレポートを作っていただくことと、KPIを決めていただくこと。ミッションはデータを適切に使える組織を増やすこと。

Google アナリティクス活用支援実績

  • 外資系製薬会社
  • システムインテグレーター
  • 大手雑貨ECサイト 等

登壇実績

  • 忙しいWeb担当者のための「Google Analytics活用&データ分析」時短テクニックセミナー(東日印刷様)
  • Google Data Studio でのGAモニタリングレポート~こんなレポートどうでしょう?編(ハマ企画様)
  • プロから学ぶ!スタートアップのためのウェブ解析と活用法セミナー(不忍池ベンチャーズ様)
  • やさしく学ぶGoogle アナリティクス活用戦略
  • Adobe Analytics基礎講座
  • Google アナリティクス講座(日本/シンガポール)
  • ウェブマーケティング講座 等

保有資格

  • GAIQ[Google アナリティクス個人資格]/Google
  • 認定ウェブアナリスト/Digital Analytics Association(米国)
  • TOEIC Reading & Writing 900/ETS

主催者: KANについて

KAN Corp.(株式会社環)
国内におけるWebマーケティングの先駆けとして2000年に設立。
IoT時代における企業のデータ活用を支援するため、データ分析に特化した教育サービスを提供しています。
Web解析事業の国内・海外における展開支援実績からBtoB、BtoC企業向けデジタルマーケティングリーダー研修、Webサイトのコンサルティング等など実践に基づく人材育成、企業支援を強みとしています。

 

会場: ソフトバンクテクノロジー

※当ビル1FのエレベーターホールEAST側より17階受付までお越しください。
SoftBank Technology Meeting Room

 

 

 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]