7万件のkintoneアプリ間連携を 夜間バッチで完全自動化! [自動車製造業のデータ連携ツール導入事例]

ASTERIA WARPのプロダクト担当による不定期連載。今回は、自動車製造業A社様のASTERIA WARP導入事例を紹介。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

自動車製造業A社では過去販売した100万件を上回る車両への車検サービスが確実に行われるよう、車検進捗状況を共有できる仕組みをkintone上に新たに構築した。車検の必要な顧客リストをkintone アプリ上にリストアップし、ここに営業が進捗状況を記載していくというシステムだ。しかしkintoneアプリ上で大量データを扱うためパフォーマンスが著しく劣化、業務時間中に実施することができなかった。もし処理中にエラーが発生すると3人日費やして復旧させるリスクが発生。さらに、基幹システム上の10万を超える画像データを、kintone上に1個ずつ手作業で移行させる必要があった。

ASTERIAを導入する事で、kintoneとのアプリ間連携と画像ファイル移行の完全自動可に成功。さらに進捗レポートやTableau分析用ファイルの自動生成にも対応。安定稼働によりアプリ間連携工数がゼロとなり、仕様変更への柔軟かつ迅速な対応や、最新情報に基づく高度なデータ分析が可能に。

今後は、基幹システムとkintoneアプリ間の自動同期処理の実現と、ASTERIA WARP開発要員の育成を促進していくとのことだ。

▼詳細を読む>>
https://www.infoteria.com/jp/warp/case/w_automotive/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

なりすまし
ネットワーク上で他人に“なりすまし”て活動すること。「spoofing」と英語表 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]