GAを使ってマーケティング課題を解決するまでの「ロードマップ」

GAを使ってマーケティング課題を解決するまでの「ロードマップ」
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

今回は「まだまだGAを上手く使えていない」という方に「GAを使えるようになるまでのロードマップ」についてお話ししたいと思います。GAには数多くの機能がありますが、単純にそれら機能を知っていれば良いわけではありません。有益な結果を得るためには、自社の状況に合わせてGAの機能を使っていく必要があります。
自社が以下の3つの設定ステージのどこに当てはまるのかを明確にして、適切な機能を使い適切な施策を実施していただければと思います。

GAをつかいこなせるまでの「3つのステージ」

GAを使いこなせるようになるまでには、いくつかのステップを踏む必要があると私は思っています。今回は必要な情報を取得するための3つの設定ステージを示しました。この考え方がどんな企業にも当てはまるわけではありませんが、有益な結果を導くための1つのアプローチとして考えていただければ幸いです。

 

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]