Build 2018から見えてくるマイクロソフトのインテリジェントエッジ戦略

Build 2018から見えてくるマイクロソフトのインテリジェントエッジ戦略
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

クラウドで成長していくことを標榜しており、「インテリジェクトクラウド/インテリジェントエッジ」を将来戦略の軸としているマイクロソフト。マイクロソフトの開発者会議「Build 2018」が5月7日からアメリカ・シアトルで開催されました。もうWindowsの会社ではなく、最大売り上げはOffice365からあげており、成長株は昨年93%の売り上げ増をはたしたクラウド事業”Azure”であるマイクロソフトは、AI関連でも存在感を発揮していますがクライアントハードウェア上のソフトである「エッジ」をAIでインテリジェントにしていくところを次には目指しているようです。さまざまなオンラインメディアでとりあげたBuild 2018の記事からピックアップして紹介します。

Build 2018から見えてくるマイクロソフトのインテリジェントエッジ戦略

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]