Japan IT Week 2018春にみるRPAからAI、IoTからセキュリティまで

Japan IT Week 2018春にみるRPAからAI、IoTからセキュリティまで
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2018年5月9~11日まで、東京ビッグサイトで「2018 Japan IT Week 春」が開催。出展社1830社、来場者が10万人規模という国内最大規模のIT展示会で、「AI・業務自動化展」や「IoT/M2M展」「クラウドコンピューティングEXPO」をはじめ、13に及ぶテーマの展示会も同時開催。商談の場という色彩が強い展示会でもあり、最近急速に存在感を増しているRPA (Robotic Process Automation)製品から音声認識技術により会議の議事録を自動でとってくれるソフト、IoTデータの可視化製品やArm社からのIoTのセキュリティアーキテクチャ “Platform Security Architecture」まで幅広い分野の最新技術製品が展示されました。

Japan IT Week 2018春にみるRPAからAI、IoTからセキュリティまで

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]