【2/15(水)開催】 「企業価値を守る内部と外部の視点」セミナー

~AIによるEメール監査/SNSにおけるリスク管理~
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

昨今、内部不正による情報漏洩や、ソーシャルメディアを利用した情報漏洩など、企業価値を損ないかねない事案は、残念ながら多く散見されます。

企業価値を守るためには、内部と外部のコミュニケーションツール、両面に目を光らせる必要性があります。
本セミナーでは、企業内部の視点として、AIを活用したEメール監査システムの導入事例を、外部の視点として、ソーシャルリスク・モニタリングツールを利用した情報漏洩対策の事例などをご紹介いたします。

なお、ゲストとして危機管理のスペシャリスト 白井 邦芳様をお招きして、ご講演いただきます。

 

開催

日時

2017年2月15(水)15:00~17:30(受付14:30)

プログラム

15:00~15:40

【第1部】 AIを利用したEメール自動監査システムのご紹介と導入事例

人工知能(AI)を駆使したEメール監査ツール「Email Auditor」。

日々業務でやり取りされるEメールを効率良くAIが仕分けし、情報漏洩の兆候となりうるメールを正確に抽出することで、内部不正が発生するリスクを低減いたします。

SCSK株式会社 ストレージネットワーク部 副部長 原島 敦/西廣 恭太

 

15:40~16:20

【第2部】  SNSリスクモニタリングを活用した情報漏洩対策のご紹介

情報漏洩事件に巻き込まれた企業がSNS上の外部拡散で二次被害を受けるケースも珍しくなくなりました。

本セミナーではSNSが影響を及ぼした事例をご紹介しながら、SNSリスクモニタリングを活用したリスク低減方法をご説明します。

株式会社ホットリンク 営業本部 リスクサービス部 部長 篠﨑 千春

 

16:20~16:30  休憩

 

16:30~17:15

【ゲスト講演】 昨今の大量情報流出事件 事例紹介を通じて

ACEコンサルティング株式会社 Executive Advisor 白井 邦芳 様

【略歴】1981年、AIU保険会社に入社。その後、数度の米国研修・滞在を経て、企業不祥事、役員訴訟、異物混入、情報漏洩、テロ等の危機管理コンサルティングに多数関わる。

これまでに手がけた事例は2,400件以上。AIG Corporate Solutions KK 常務執行役員を経て現在に至る。

経営戦略研究所外部講師。社会情報大学院大学教授。

リスクマネジメント協会顧問。日本法科学技術学会正会員。

 

17:15~17:30 質疑応答

開催

会場

SCSK 豊洲本社(豊洲フロント) 14階

地図
東京都江東区豊洲3-2-20(豊洲フロント)

定員50名
受講料無料
主催SCSK株式会社
協賛株式会社ホットリンク
申込み方法下記サイトよりお申込みください。
https://www.hottolink.co.jp/pr/news/20170215-2
お問い合わせ

SCSK株式会社

ITエンジニアリング事業本部 ストレージネットワーク部

原島 敦、中島 沙季

TEL:03-5859-3023

E-MAIL:stnw-support@ml.scsk.jp

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]