売上アップへ繋がる本当に使えるマーケティングオートメーション導入成功のコツ

セールスフォース・ドットコム社、toBeマーケティング社共催
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 プログラム  第1部 顧客管理型マーケティングの潮流 15時00分~15時20分 toBeマーケティング株式会社 ・案件をつくる。マーケティング・プロセスの基本とは? ・顧客の購買プロセスの変化にどう対応すべきか? ・マーケティング・オートメーション。「170」社導入現場から見えてきた「成功と失敗の分かれめ」とは 第2部 営業とマーケティングの垣根を無くすマーケティングオートメーション 15時20分~16時00分 株式会社セールスフォース・ドットコム ・これからの顧客管理データベースのありかたとは? ・マーケティングオートメーションが変える営業とマーケティングの関係 ・Pardot 導入企業における営業・マーケティングの変化の実例 10分休憩 第3部 「CDI」。顧客データベース統合がマーケティングROIを左右する 16時10分~16時50分 株式会社ランドスケイプ ・顧客データの2次活用。うまくいかない原因は? ・SFAやマーケティングオートメーション。活用が進んでいる企業の取り組みかたとは? 第4部 【まとめ】マーケティングオートメーション×CRMで実現「案件増加のシカケ」 16時50分~17時10分 to Be マーケティング株式会社  講   師 

第1部・第4部: toBeマーケティング株式会社 代表取締役CEO 小池 智和 氏 2002年に株式会社リクルートへ入社。2005年、株式会社ネクスウェイ(リクルートから独立分社)においてマーケティング事業立上げに従事し事業開発のプロデューサーを歴任。同社にて2005年10月よりSalesforce導入し販促企画・営業を中心に利用し、活用方法が認められ、Salesforceユーザー会のマーケティング分科会の初代会長となる。2011年に株式会社セールスフォース・ドットコムに入社、パートナーアライアンス部ディレクターとして、クラウド型顧客管理の拡販と普及に努め、2015年6月よりtoBeマーケティング株式会社を設立、代表取締役に就任。170社を超える企業へマーケティングオートメーション「Pardot」の導入支援を実施。

第2部: 株式会社セールスフォース・ドットコム コマーシャル営業 ソリューション営業部 Pardot 担当マネージャー 川越 悠右 氏 2005年よりパッケージソフトウェア商社にてデータベース・開発ツール・BIツールの営業を担当。2012年、株式会社セールスフォース・ドットコムへ入社し、中堅企業担当営業として同社のコアとなるCRM製品の販売に従事。2016年マーケティングオートメーション「Pardot」の選任チーム立ち上げと同時に製品営業マネージャーに就任。

第3部: 株式会社ランドスケイプ 営業部 マネージャー 佐藤 賢吾 BtoBダイレクトマーケティングのコンサルティングに従事する。 近年は、外資系PCメーカーで得たノウハウをもとに、 大手IT企業のSMB市場進出やダイレクトマーケティング部隊の整備・構築支援をサポートしている。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]