SFA&マーケティングオートメーション戦略的活用。 見込客育成。顧客データ「2次活用」とは?

『Salesforce & Oracle Marketing Automation (Oracle Eloqua)。併用型ナーチャリングの取り組み方を紹介します
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 プログラム  【第一部】株式会社セゾン情報システムズ 14:00~14:50 マーケティングオートメーションを導入してわかった3つのしくじりポイント ~ 分断したプロセスを統合しマーケティング活動成果を可視化するために ~ ・「Oracle Eloqua」と「Salesforce」連携   マーケ部の成果を受注金額と直結させるために ・オートメーション化&分析の必須ポイントとは  MA&SFAだけでは実現できない企業情報統合の重要性 ・顧客データの2次活用。なぜLBC・uSonarを導入したのか? (10分休憩) 【第二部】日本オラクル株式会社 15:00~15:30 収益拡大化の為のマーケティングオートメーションとは? ・Oracleが考える営業にチカラを与えるデジタル・マーケティング 【第三部】株式会社ランドスケイプ 15:30~16:00 ナーチャリングを加速。セゾン情報システムズ社が「uSonar」を導入した理由とは? 質疑・個別相談 16:00~  講   師 

第一部:株式会社セゾン情報システムズ マーケティング部 デジタルマーケティング課 高山 真彰氏

 

 

第二部:日本オラクル株式会社 クラウドアプリケーション事業統括 マーケティングクラウド本部 営業部長 菅原 健三氏

 

 

第三部:株式会社ランドスケイプ 営業部マネージャー 戸叶 勝利

 

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]